2006年07月26日

大人と子どものための夢の探し方

7月25日
仕事の関係で、江川紹子さんの講演を聞く機会があった。
江川紹子さんといえば、すぐに浮かぶのは、オウム真理教問題だが、
NHK教育TVの「少年少女プロジェクト 聞きたい!10代の言い分」などにも関わり、「学校を変えよう」「私たちも不登校だった」「生きる力を育むために−15の知恵」などの著書もある(実は読んだことはないけど・・・^^;)。
この日の講演の演題はタイトルのものだったが、人権尊重の街まちづくり強化月間事業での講演だったため、「人権尊重とは?」ということに触れた内容も含めての話となった。
「知ること」「想像すること」の大切さ、今の子どもだけでなく大人でもこういったことの欠如が見られること・・・。
そのために信じられないような事件が多発していること。
なるほど・・・そうだよなぁ・・・と思うことがいくつかあった。
子どもに夢を託すのではなく、自分がいくつになっても夢を追う、そしてその姿を見せることによって、子どもが自ら夢を探せるように・・・。
「夢に定年はない」と50歳過ぎてから英語を学び、直江津のオーストラリア人捕虜の慰霊碑建立に日本とオーストラリアの架け橋になった女性の話は、いつもされてるそうです。
自分にとってもまたいろいろ考える材料ができたかな。
↓今回の講演はこの2つの講演を合わせたものに最近の情勢をプラスしたものでした。
『夢の探し方・見つけ方』
『今、語ろう!戦争・平和』

posted by にゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (・・*)。。oO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。